D-Bike Master 12(ディーバイクマスター12 )とへんしんバイク 重くて乗れないのは?

D-BIKE

最近、へんしんバイクに似た商品をよく目にします。そのうちのひとつ D-Bike Master 12(ディーバイクマスター12 )です。
へんしんバイクとどう違うのかをお伝えしたいと思います。

D-Bike Master 12(ディーバイクマスター12 )ってどんな自転車なの。

サイトに3歳前から乗れる自転車とありました。

5秒でへんしん! 」へんしんバイクを意識しているのでしょうか。5秒って…
何が5秒なの?と思って見ていると…なんと!

チェーン一式は最初から搭載済で後からペダルをつけるだけ。

それは、確かに5秒でつけれますね。

D-BIKE ペダル

しかし、この手軽さで選んでしまうと子どもは自転車に乗れないこともあります。

「5秒でへんしん!」楽な取り付けで選ぶと自転車に乗れない?

へんしんバイクはバランスバイクから子ども自転車になるとき、自転車屋さんに行ってペダル一式を取り付けてもらう必要があります。
しかし、このD-Bike Master 12(ディーバイクマスター12 )はたった5秒でペダルがつけれます。

しかし!

ただ単に自転車屋さんにもっていくのが面倒、装着が簡単だからなどの理由はママにとってメリットであって子どもが乗るものだから大丈夫なの?と思いました。

スペックをよく見てみると…

D-Bike Master 12(ディーバイクマスター12 )スペック

・タイヤ :12インチ
・対象年齢: 3歳前後から
・身長目安: 85cm~
・製品寸法:W400×L580×H880mm
・サドル地上高 : 30~44cm
・製品重量:8kg
・カラー:レッド、シアン

※マスター16/18用の補助輪やバスケットは、取付ができません
※補助輪のオプションはありません
※製品写真は、実際の色とは若干異なる場合がございます
※ご覧のモニターやデバイスによって、実際の色とは異なって見える場合がございます。
※身長や年齢目安の表記はあくまでも目安であり、個人差があります。

スペックを見てもらうとわかると思いますが重量が8㎏あります。
これはペダル一式が最初から搭載されているためこの重さになっています。

しかし、対象年齢が3歳前となっています。3歳前ということは2歳ですよね。2歳児がこの重たい8㎏の自転車を運転できるのでしょうか。
練習時はたくさん転びます。その時、身体にこの8㎏の自転車が倒れてくると子どもが危険ではないでしょうか。

転ぶと痛いという恐怖心もでてきます。そうなると自転車練習が楽しくないと思うかもしれません。
自転車転倒

 

また、2歳児で自転車にまたがることができても、そのあと乗りこなすことはできるのでしょうか。

重量と対象年齢が矛盾していると思うのは私だけでしょうか。

 

D-Bike Master 12(ディーバイクマスター12 )とへんしんバイクの違い

一つ目の違いは重さです。

D-Bike Master 12(ディーバイクマスター12 )は8㎏、へんしんバイク、バランスバイクモードは5.3㎏です。全然、違いますね。2歳児で8㎏はとても重たいです。←何度も言っていますが….

 

重たい自転車やサイズの大きい自転車は買っても結局、乗れるまで放置することになります。

 

何のために購入するのかをよく考えると、ペダルの取り付けが面倒と思わず、自転車屋さんに持っていくとメリットもあります!

それは自転車のメンテナンスも一緒にしてくれます。ブレーキにオイルをさしてくれたり、ハンドルやブレーキの調整などなど。

 

バランスバイクでブレーキの練習したり、転んだりするので自転車を良い状態で長く乗ってもらおうと思うとメンテナンスをしたほうが良いと思います。子どもは扱いが雑なので…

自転車屋さんでメンテナンスをしてもらうと、さらに安心・安全に乗ることができますね!

子どもが笑顔で楽しく乗れることが一番だと思います。

 

まだまだ、違いはあります。次回は

D-Bike Master 12(ディーバイクマスター12 )とへんしんバイク 長く乗れる自転車はどっち?に続きます。