へんしんバイクの良い理由

私がおススメする「へんしんバイク」の良いところをキチンとご説明しようと思います。
個人的な主観もあるので全てそうだとは思わずにお読みください。

Contents

へんしんバイクはどんな自転車?

へんしんバイクは子ども自転車です。
最初はバランスバイクとして利用し次にステップアップしてペダル後付けして、自転車デビューができる子ども自転車です。

へんしんバイク

※バランスバイクとは。ウィキペディアより。

バランスバイクあるいはランニングバイクは、子供がバランスやステアリングを習うのを助けるトレーニング用二輪自転車である。

ペダルや駆動系を有していない。

バランスバイク+ペダルの一式セット

(補助輪をつけずに自転車練習ができ、バランスバイクからペダル一式をつけて自転車デビューができるようになる!)
へんしんバイクペダル一式

 

へんしんバイクはこんな人におススメ!

・他に三輪車やバランスバイクやストライダーを購入検討中の方。
・ストライダーにブレーキやペダルが付いたらいいなーと思う方
・バランスバイクやストライダーを使用していて、子供自転車に乗り変えをしようとした際に乘れなかった方
・3歳で早くも自転車デビューを考えている方
・できるだけ自転車練習を少なくして自転車に乗れるようになりたい方

自転車 ブレーキ

へんしんバイクはバランスバイク時からブレーキがついています。しかも前後ブレーキです。

3歳でも十分にブレーキは握れます。

ブレーキは絶対に必要です。乗り慣れてくると子どもはスピードを出し走行を楽しみます。

ヒヤッとさせられることもあります。その時にブレーキがあれば安心。

しかもバランスバイク時からブレーキの練習をしていると自転車を練習するときにとても役にたちますよ。

へんしんバイクと子ども自転車比較

バランスバイクモードからペダルをつけると重量は7.5㎏。通常子ども自転車の重量は12㎏から15㎏ぐらい

へんしんバイクは7.5㎏

とても軽量です。

へんしんバイクの製品や安全性について

へんしんバイク

http://www.henshinbike.com/
商品名:へんしんバイク
シートの高さ:37.5cm~46.5cm
タイヤ:12インチ
本体(車体)の重さ:バランスバイク5.3kg、キッズバイク:7.5kg
年齢:3歳〜6歳* 2歳のお子様にはへんしんバイクS http://www.flip-bike.jp
体重制限:30kg
お値段:14,800円(税抜)
材質:スチール製
付属品:ペダルシステム一式・工具・ベル・反射板

保証について。

本体:新車お買上げ日から1年間。
※ 消耗品(タイヤ、ブレーキ、グリップなど)を除く。ペダルシステム取付部分:1年半。

安全規格について。

ヨーロッパ安全規格 EN14765(自転車として)
ヨーロッパ安全規格 EN71-1-2-3(バランスバイクとして)
アメリカ安全規格 ASTM(バランスバイクとして)

 

へんしんバイクは世界でたった一つ、へんしんバイクは日本に合わせて開発したステップバイク

へんしんバイク ステップバイク

個人的には、ストライダーと違って、タイヤがゴムで幅広なタイヤは子ども自転車では珍しい。

ゴムはあっても、この幅広なタイヤは見たことがなかったので驚きました。

 

↓この画像はキッカーグランデ16インチの自転車と比べています。インチが大きい自転車よりへんしんバイクのほうが幅広が広い。

このタイヤだからデコボコした道でも安定感があり、我が家はバーベキュー場によくもっていきます。

不安定な道を走行してボコボコした道を楽しんでいます。

転倒することはありません。うまくバランスをとって運転しています。

 

へんしんバイク,キッカーグランデ

 

へんしんバイクの強みを紹介すると。

①3歳の股下平均37.5cmのサドルに合わせたフレー
②子供自転車の半分の軽さ
③乗り慣れた同じ車体にペダルを後付け、子ども自転車に変身!

比較子ども自転車VSへんしんバイク重さ比較 子ども自転車とへんしんバイク

ここまでが公式サイトでの補助輪なしでも乗れてしまう理由なのですが。
私なりにさらに補助輪なしで乗れる理由が他にも更にあると思います。

・ブレーキが最初からついているので、ペダルを付けた時にペダル操作に集中できる。
・3歳から乗れる仕様なので、もし、他の重たい子供自転車で挫折した時にでも十分間に合う。
(へんしんバイクに乗れるようになってから子供自転車に乗り変えても車体と体格は問題ない)
・グリップやタイヤがゴムなので掴んでも滑らない。キチンと操作して止まれる感覚がある。

体感しないと分からない事かもしれませんが、かなり重要だと思います。

安全な「乗り方」

公式サイトでも「装備より大切なのは、安全な乗り方」と、言っており、乗る本人が乗り方が上手くなければケガもするし、扱い方を間違って乗れないという事にもなりかねません。

そして、その大切な乗り方を体感してもらうために、「30分で乗れる自転車教室」というのもやっています。

 

自転車教室の開催スケジュールはこちら
へんしんバイク自転車教室

自転車教室だけでなく、実際見て触れる「へんしんバイク体験会」もやってるみたい。

親子とも動きやすい服装で3~6歳なら大丈夫、自宅近くで開催の時はぜひ行ってみて欲しい!
全国でやっているので購入前にお試しができるのも本当にありがたいですね。
気になる方はご家族で行ってみると納得して購入を検討できるかも。

あ!インスタグラムで練習会の模様を動画で撮影してる方がいたよ!

taji.yu39

https://www.instagram.com/p/BM-26NUD9od/?tagged=%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%97%E3%82%93%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF

henshinbike

30分で自転車デビューを掲げるのはさすがだと思います。

ちなみに購入するとユーザー登録で「30分で自転車デビュー!バランスバイクトレーニング編」と
「30分で自転車デビュー!自転車に挑戦編」の動画でイメージトレーニングもできちゃいます!
これがあるとがぜん安心ですね。

他にもyoutubeで自転車練習の動画を見つけたのでこちらも見ると更に勇気が湧いてきますよ!

3歳☆

へんしんバイクに乗ってみた【たっくん3歳】
https://www.youtube.com/watch?v=SDMwvYVmLfQ&t=10s

4歳☆

4歳児・へんしんバイクで自転車マスター!
https://www.youtube.com/watch?v=AIPLwuE-nXk

5歳☆

HENSHIN BIKE おとわ 5才
https://www.youtube.com/watch?v=GCVT8sue5eY

みんな元気に乗っていますね…凄いな。

3歳からの乗車ができるこのへんしんバイクですが、実は2歳には自転車デビューを考えるへんしんバイクSというのも出しています。

へんしんバイクS

 

2歳からの目指せ!3歳で自転車デビューというコンセプトだそうです。通常のへんしんバイクより、すこ~し小さめ!

へんしんバイクS 説明

へんしんバイクS ラインナップ

商品名:へんしんバイクS

カラー:青・赤・ピンク
シート高:32cm~45cm
タイヤ:10インチ
重量:バランスバイクモード5.0kg、キッズバイクモード:6.8kg
年齢:2歳〜5歳 * 3 ~ 6歳のお子様にはへんしんバイク
体重制限:30kg
お値段:14,800円(税抜)
付属品:ペダルシステム一式・工具・ベル・反射板

保証について。

本体:新車お買上げ日から1年間。
※ 消耗品(タイヤ、ブレーキ、グリップなど)を除く。ペダルシステム取付部分:1年半。
※ ただし、初回取付時のみ。二度目の取付は保証外。

2歳から乗れるの???

と、思う方もいらっしゃるかとは思いますが、実際はストライダーも2歳半から利用可能なので実際は足さえキチンと地べたに付いて走れれば利用はOKなので乗れる子は乗れます。
そして、わが子は成長がちょっと遅くて地べたに足が付かなくて3歳位に乗車できるようになりました。

身長が高い子や、早くからできる子はぜひおすすめですよ。
兄弟で買っているところもあるみたいで、それはそれで素敵。

インスタグラムで楽しそうな画像や動画、マンガがあったのでこちらも参考に。

@mochicodiary (https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/12819065_506529432866629_1690446375_n.jpg?ig_cache_key=MTIxNDA4OTA3Njg5NzIwNDEzNQ%3D%3D.2

幼い2歳でも立派に乗ってますね!しかもマンガまで書いちゃうママさんはホントスゴイ・・・

さてここからは保護者やパパママの嬉しい事。

三輪車、ストライダー(バランスバイク)、子供自転車、へんしんバイク。
この中でどれか一つを買うなら、私はやっぱり「へんしんバイク」を買います。

何故なら自転車デビューに乗り変えが必要ないのと、2台が1台で済むという事。
それぞれ簡単な例えで出してみましょう。

三輪車を買った際の流れは?

三輪車→子供自転車(自転車デビュー)
三輪車→ストライダー→子供自転車(自転車デビュー)
三輪車→へんしんバイク→子供自転車(自転車デビュー)

ストライダーを買った際の流れは?

ストライダー→子供自転車(自転車デビュー)
ストライダー→子供自転車→へんしんバイク→子供自転車(自転車デビュー)
※ここでなぜ子供自転車とへんしんバイクを挟むかというと、ストライダーが乗れても子ども自転車に乗れない事が多いからです。

へんしんバイクを買った際の流れは?

へんしんバイク(自転車デビュー)
なんと、へんしんバイクのみ2台必要なところ1台のみで済んしまう!

・何よりコスパがいい
・置き場所が1台分で済む
・補助輪付きの子供自転車を買わなくていい
・1台で長く乗れる(最大:3歳~6歳まで)

物凄い嬉しい事づくしな感じがしませんか?

へんしんバイクはどこで買う?

買う時に要注意なのは、しんバイクは楽天やアマゾンヤフーなどでは販売をしていないという事。

公式サイトからの購入か取り扱い店舗での購入になります。
近くにお店があるかしら…な~んて心配はいりませんね。

取扱店舗は全国900店舗以上!お近くのスポーツデポ、ゼビオ、イトーヨーカドー、オリンピック、東急ハンズ、サイクルスポット、ダイワサイクル、で販売中!
へんしんバイクショップリスト

足が付くかどうか乗ってみてから購入が良いと思いますが、実際そうもいかない事もあると思います、公式サイトでの購入は実は限定カラーもありますのでお子さんと相談したほうが良いかもしれません。

へんしんバイクラインナップ

近くの体験会に行って、足が付くか確かめてから公式サイトでの購入しても良いと思います。

そして!公式サイトでの購入で嬉しいのはカラーバリエーションだけでなく、な、なんと!

今なら本体送料無料!&代引き手数料も無料!
これは嬉しい!!!

アレコレと、へんしんバイクの良さをめいいっぱいお伝えしたつもりですが、少しは伝わりましたでしょうか?

子供にも大人にも良い新しい子供自転車、失敗しない買い物。安い物でもないのでぜひへんしんバイクを検討してみて欲しいです。