へんしんバイクは何歳まで乗れる?年齢って関係ある

へんしんバイク

へんしんバイクって何歳まで乗れるの?とママ友に言われることが多いです。

我が家はへんしんバイクを購入して2年が経ちました。
当時、次男は3歳。今では5歳8カ月(もうすぐ6歳)になっています。

もちろん!今でもへんしんバイクに乗って公園や習い事に行っています。
その姿を見たママ友に「へんしんバイクって何歳まで乗れるの?」とよく聞かれます。

次男の身長をみて言ったのかな???12インチだから?小さくみえた?から。。。

何歳まで乗れる。うーん、よく考えたことがなかったので、きっと購入検討されている方やへんしんバイクを購入したけど、何歳まで乗れるのと思っている方もいると思います。

そこで今回は「へんしんバイクって何歳まで乗れるの?」をお伝えしたいと思います。

すでに5歳8カ月の次男が乗りこなしていますが…(笑)

へんしんバイクって何歳まで乗れるの?

友達に言われるまで考えたこともなかった「何歳まで乗れるのか」
なぜ、考えたことがなかったのか、

それをよーく考えました。
公式サイトには3歳から6歳までとありますね。

我が家の次男:5歳8カ月の場合(もうすぐ6歳)

股下:45㎝ぐらい(手で測っているため若干の差はあります。)

あくまで目安です。ちなみに次男の身長は114㎝です。

股下サイズ

自転車にまたがってみると、サドルは一番上まで上げている状態です。

地面からの長さが52㎝でした。足はしっかりと地面についています。

股下

 

とくに小さいとか感じたりしなかったです。↓

5歳へんしんバイク

実は子ども自転車って乗れることがゴールではなくスタートなんです。
親は子どもが自転車に乗ることに必死になり、乗れるとその達成感で終わってしまい

移動手段だけになってしまう。

そうではなく、乗れたからこそ自転車の楽しみ方がここから始まるのです。

 

へんしんバイクは自転車の楽しみ方がいっぱいつまっている!

へんしんバイクはスポーツバイクとサイトに書いています。最初はその意味や良さがわかりませんでした。なんとなく軽いのかな。ぐらいでした。

それが、乗ってみると。。。なんと!
小回りが利くスラロームしたり、車に自転車を積んでBBQへ持っていって遊んだり子どもの行動範囲がとっても広がります。それと同時に3歳という年齢でバランス感覚にさらに磨きがかかり体幹も鍛えられるとか。

また、タイヤがすごい!12インチの自転車でこんなタイヤみたことないです。
タイヤが幅広でエアタイヤなので、デコボコした道でも安定感が抜群。(海や山でも楽しめる!)

へんしんバイク,キッカーグランデのタイヤ比較

 

我が家の次男の場合
今では坂道を上るときは立ち漕ぎをしたり、マンホールの周りをぐるぐるまわる遊びをしたり(小回りが利くのでできました)、人とぶつかりそうになるとハンドルをきり、急ブレーキでとまり危険回避します。

この危険回避は乗れたからすぐできるものではありません。
乗っているうちに知らず知らず、バランス感覚や体幹が鍛えられるから、すぐに体が反応しできることだと思います。

ここまでできると、もう安心と判断し今までは長女4歳と共有で使用していましたがやはり、譲り合いができずケンカになるので次男に16インチ自転車を購入しました。

だけど、4歳の長女はまだ公道デビューはしていません。次男のみ。
なので、お出掛けするときはへんしんバイクに乗っていきます。

乗りやすーいと言いながら運転しています。今でもお気に入りの自転車です。

子ども自転車って何歳で購入しても2.3年で乗り換えてしまいます。

 

「何歳まで乗れる」は重要ではなく、子どもにあった自転車を購入し
乗れてから自転車を移動手段だけではなく、バランスを磨き、体幹を鍛えたり、子どもの行動範囲を広げてあげることが良いのではないのでしょうか。

だから、私は何歳まで乗れるのかと考えたことがないのかも知れませんね。

頑張って練習してやっと乗れた自転車だからこそ、次の楽しみ方をマスターしてほしいと思います。