【保存版】バランスバイク・子供自転車徹底比較!

バランスバイク へんしんバイク
2歳~4歳頃の年頃のお子さんを持つ皆さん…
子供自転車…どれを買いますか?
標識

我が家の所有している子供自転車はペダル有ペダル無しも含めて3台。

姉のお下がりのストライダーに、すぐに乗れると思ったペダル付き子供自転車に、お助けマンへんしんバイク
ストライダー子供自転車、へんしんバイクのこの3台。
本当はもっとコストを抑えて自転車を始められたんじゃないかな…なんて自分で考えてしまうぐらいですから。
他の皆さんも実は、色んなバランスバイクや子供自転車に悩んでるのではないでしょうか?
困り果てて結局私みたいに3台持ち!
なんて事はごめんだ!と、いう人に私なりのアドバイスをしようと思います。
我が家で所有しているこの3台。

ストライダー、子供自転車、へんしんバイク、比較。

この中でまず買うべきだと思おう物を一つ上げるとしたら私は「へんしんバイク」を選びます。
それはなぜか?詳しくは後半で説明しますが、今一般的に2~3歳で始める乗り物と言えば、「三輪車」か「バランスバイク」だと思います。
最近は「ストライダー」の登場によりバランスバイクやラーニングバイクの普及は物凄い勢いを増しています。
そうなると、例えてみると・・・
2歳3歳でストライダーを購入。
4歳ぐらいまでストライダーを楽しみ切り、子供自転車に移行します。
その移行が昔の三輪車から二輪の子供自転車に乗るのとは違うので、かなりの自転車練習は楽になったと言えるのではないでしょうか?
三輪車
昔の三輪車から子供自転車の流れは、
ペダルはこいで進めるけど、三輪なのでバランスを要さずに乗れていたものから、スピードを出してバランスを取る乗り物に乗り変えるので乗りにくいのも頷けます。
恐らく、三輪車でタイヤは3つ、子供自転車に乗り変えて補助輪を最初はつけて車輪は4つ、更に補助輪を外し車輪が2つ。
実はこの車輪を少なくしていく事により恐怖感が生まれて「車輪が少ないと不安」みたいになってたんじゃないかなと。
バランスバイク
しかし!最近のバランスバイクからの子供自転車への流れは以前の乗り方と瞬くまに変化しました。
ペダルのないストライダーに乗り、足で地面を蹴って進む。
それがバランス感覚を先に着けるものなので、ストライダーに乗っていた子は子供自転車に乗り変える際にも、補助輪はないままに自転車練習を始め乗れるようになるんです。
それというのも、最初からバランスはとれるので後はブレーキ操作とペダルの操作のみだからです。
これはスゴイ!と、多くのパパママさんがストライダーや他のバランスバイクを購入したと思います。
ストライダーは自転車の練習になる!そう思っている人も少なくないと思います。
そこで!どのバランスバイクがいいのか、どの子供自転車が良いのかいくつか見ていこうかと思います。

「バランスバイク編」

・STRIDER:ストライダー

対象年齢:1歳半~
ホイールサイズ:210mm
ホイルベース:565mm
シート高調整範囲:300~420mm
ハンドル高調整範囲:500~600mm
重量:3.0kg
耐荷重:27kg
価格:10,900円+税

strider

・ラングスバランスバイクUK

対象年齢:2歳~
シート高調整範囲:約350~430mm
ハンドル高調整範囲:約570~610cm
重さ:約3kg
耐荷重:30kg
価格:6,000円+税
バランスバイク

・SPARKYキッズバイク

対象年齢:2歳半~
重量 :約4.5Kg
シート高調整幅範囲:約300~400mm
ハンドル高調整範囲:約530~600mm
価格:9,800円+税
sparky

・ちゃりんこマスター

対象:3歳~5歳
身長:90cm以上
耐荷重:30kg
シート高調整範囲:330~400mm
タイヤ:12インチ
価格:6,800円+税
バランスバイク

・ディーバイク

対象年齢:2歳~
重量:3.6kg
身長:85cm~
耐荷重:20kg
製品寸法:W380×L850×H610mm
価格:11,800円+税
D-BIKE

・へんしんバイク

対象年齢:3歳~6歳
シート高:37.5cm~46.5cm
タイヤ:12インチ
重量:バランスバイクモード/5.3kg、キッズバイクモード/7.5kg
体重制限:30kg
価格:14,800円+税
へんしんバイク
※2歳から乗れるへんしんバイクSもあります。
↓↓こちらの記事も読まれています。
間違いだらけのバランスバイク選び
先日、ブレーキなしのバランスバイクを乗っていた女の子がトラックと接触事故がありニュースになりましたね。幸い軽傷だったようで安心しました。 子どもが安全に楽しく遊べるように我が家がバランスバイクを購入した後に気がついたことを紹介したいと思います。 何故、購入前に気がつかなかったの?と思われる方がいるかも知れません。 何故、気が付かなかったかというと。。。 ただ次男がストライダーをとても気に入ったので、何も考えずに購入し、その後に色んなバランスバイクがあることを知りました。 なので、私みたいに後から後悔しないためにも購入後に気になった点を伝えたいと思います。

「子供自転車編」

Khodaa Bloom(コーダーブルーム)

asson K12
適応身長:75~100cm
サイズ12inch:153mm
重量:9.2kg
価格:27,500円+税
12インチ補助輪付き自転車

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

LGS-K16
適応身長:95~115㎝
サイズ16inch:220㎜
重量:8.91kg
価格:31,000円+税
補助輪つき16インチ自転車

ブリヂストンサイクル株式会社

ハッチ(16インチ)
適応身長:102~118cm
サイズ16inch
重量:12.2kg
価格:26,800円+税
16インチ子ども自転車

Jeep

JE-16G
適応身長:95cm以上
サイズ16inch:200㎜
重量:約12.1kg
価格:30,000円+税
jeep子供自転車

London Taxi

LT-KID14DC
適応身長:85cm以上
サイズ14inch:175mm
重量:約13.3kg
価格:30,000円+税
補助輪付き子ども自転車

日本トイザらス株式会社

レイモア
適応身長:80cm以上
サイズ14inch
重量:12kg
価格:9,999円+税
補助輪付き自転車

へんしんバイク

対象:3歳~6歳
シート高:37.5cm~46.5cm
タイヤ:12インチ
重量:バランスバイクモード/5.3kg、キッズバイクモード/7.5kg
体重制限:30kg
価格:14,800円+税
※2歳から乗れるへんしんバイクS http://www.flip-bike.jp/ もあります。
へんしんバイクバランスバイクからへんしんバイク

ざっと人気のラインを出してみました。
各メーカーの各機種、カッコ良かったりオシャレだったりでいいですね。
こだわり屋さんもこれなら選べるのではないでしょうか?
そして、へんしんバイクが2つに入っているのに気が付いた方!
この後ご説明いたしますね。
さて、バランスバイクと子供自転車。
それぞれの金額帯を見ていただくと
バランスバイクは6000円~10000円位
子供自転車は約10000円~30000円位
これが普通と考えると、
よく聞く取り合わせ↓
ストライダー(10,900円) + コーダーブルーム(27,500円) = 38,400円+税
UKセット↓
ラングスバランスバイクUK(6,000円) + London Taxi(30,000円) = 36,000円+税
豪華メーカーセット↓
ストライダー(10,900円) + ルイガノ(33,000円) = 43,900円+税
コスパ優先セット↓
ラングスバランスバイクUK(6,000円) + トイザらス(9,999円) = 15,999円+税
どんなに安くしても、約16,000円+税
2台買う想定の方は、2台で約16,000円~ざっくり40,000円台から天井知らず。
我が家でいうなら、こんな感じ
ストライダー(お下がり0円) + トイザらス(9,999円) + へんしんバイク(14,800円) = 24,799円+税
たまたまストライダーはお下がりだったので購入はしていませんが、それでも24,799円+税…
そして、3台分置くので玄関はちっちゃい自転車でいっぱい!
やっぱり、買うタイミングは考えないと自宅に場所がなく置きにくい場合は買ってから悩む羽目になってしまうと思います。
年齢も身長も目安ですが、一番大事なのは本人の体格や足が付くかどうか。
それを見つつ、乗り換えをして欲しいのですが。
でも、結局2台だし…結構お金かかるなーなんて思う方に朗報です!
ここで先ほど2回もへんしんバイクを入れたわけを知る事となります。
3台も所有してるからというより、すんなり子供自転車に乗れていればきっと我が家は
へんしんバイクを購入しなかった。
なぜストライダーがあり、子供自転車があるのに、へんしんバイクを買ったのは…

それはなぜか?

それはストライダーから子供自転車への乗り換えが上手くいかなかったからです。
バランスバイクと子供自転車の重量や大きさを見直していただくと分かりやすいのですが、ストライダーから乗り変えるには早すぎた可能性があります。

ストライダーが約3キロだったところから、子供自転車の約10キロは重かった。

更にペダルとブレーキの利用にテンパってしまい、何度となく転んでしまい、自転車嫌いになってしましました。
そこで、立ち直って欲しい一心でへんしんバイクを購入したんです。
へんしんバイクというくらいですから、バランスバイクとしての利用した後、後付けのできるペダルとブレーキで車体そのままでペダル付き自転車に早変わり!というもの。
うちの子はこれで、すんなりバランスバイク卒業し、自転車デビューを果たしたのですが。

よくよく考えると、この「へんしんバイク」一台で全てがまかなえられたんじゃないかしら…と。

2016-10-28_1653
公式サイトより:http://www.henshinbike.com/
子供自転車は、年齢に合わせて、体格が大きくなったら買い替えは必要ですが、実は三輪車、ストライダーから子供自転車への乗り換えって必要なくて、実は1台でスムーズに自転車デビューも全て済んで後は体格に合わせた自転車に乗り変えていくだけ…?
そんな風に考え始めたら、これからバランスバイクを購入考えている人にモノ申したくなりまして!
お財布や自転車の置き場に余裕のある家庭は良いと思うのですが、ちょっと切り詰めてお財布と相談!という方にはぜひこの「へんしんバイク」をお勧めいたします。
へんしんバイクだと3歳から6歳まで使用できます。
これってかなりコスパよく、子供にとっても変化のない安心した慣れている車体で自転車練習ができるので、ママパパだけでなく子供にも良い事だと思います!
でも、他のバランスバイクが気になるとかもあると思うので参考の一つに成れればなと思います。

ちなみに、へんしんバイクは実店舗での購入がおススメです(ショップで使用感を体感してからが良いと思います。)

が、へんしんバイクは楽天などでは販売せず、公式サイトのみ通販しています。

限定色もあるので、お店で試乗してから通販もいいかもしれません。

へんしんバイクラインナップ

へんしんバイク 公式
30分で自転車デビュー | 3歳からの子供用自転車