ストライダーで自転車練習はできるの?

ストライダー

自転車の練習には様々な方法があり、その方法は家庭によっても全く異なります。そうなると親としては、どの方法が子供に良いのか悩ましいところです。そんな中で、「ストライダーで自転車の練習をする」という話をよく聞くのですが、実際のところはどうなのでしょうか?ストライダーで自転車の練習をして上達するのであれば、試してみたいという方もいるのではないでしょうか。そこで今回の記事では、本当にストライダーで自転車の練習になるのか?その辺りの疑問について解決していきたいと思います。

ストライダーで自転車に乗れるようになる?

結論から言いますと、ストライダーでは自転車の練習はできません。確かに自転車と同じような形はしていますが、決定的な違いがあります。それは「ペダルとブレーキがない」ということです。ストライダーについて調べている人なら知っているはずです。つまり自転車とは、全く別物ととらえた方が良いでしょう。ストライダーは、バランス感覚を養うという点では良いのかもしれません。しかし、ペダルとブレーキが付いていないということは自転車に乗った際には、また練習しないといけないことがあるということです。ペダルとブレーキの重要性は自転車に乗っている人なら誰でも分かることですよね。自転車の練習用としてストライダーを購入する予定であるのならば、他の方法を考えた方が効率的です。

自転車の練習をするにはどうしたらいいの?

自転車の練習をするなら、ひたすら自転車を乗るのが良いのかもしれませんが、バランス感覚が養っていないとすぐに転んでしまいます。昔はそうやって学んでいくのが普通であり当たり前したが、今は時代が違います。よりスムーズに自転車が乗れるようになるための便利なアイテムが沢山発売されています。ストライダーもそのうちの一つですが、自転車ではないので、最終的にはペダルやブレーキが付いている自転車を購入しなければなりません。どうせ練習用として購入するのなら、そのまま自転車として使いたいですよね。そんな時におすすめなのがへんしんバイクです。

へんしんバイクなら自転車にもなる

へんしんバイク
ストライダーは、バランス感覚を養うのに良いと言いましたが、結局のところそれだけで終わってしまいます。その点、へんしんバイクならバランスバイクモード、軽量スポーツバイクモードの2つのモードがあるので、自転車練習にはぴったりです。バランスモードタイプは、ストライダーと同様にペダルが付いていません。違いは前後にブレーキが付いていることです。ブレーキは3歳からかけられるので、早いうちに練習しておくことで上達が早くなります。また、バランスモードタイプにペダルを装着することで、通常の時点と同じ軽量スポーツバイクモードに変身することができます。これによってストライダーのように新たに自転車を買う必要もなく、補助輪も無しで、一台で練習から自転車デビューまで完結することができます。また、へんしんバイクでは30分で乗れる自転車教室開催も定期的に開催されているので、そういったイベントに参加できるのも大きなメリットです。

まとめ

ストライダーではバランス感覚を養うことができますが、ペダルやブレーキが付いていないため、自転車の練習はできません。バランス感覚を養うためだけに購入するのは効率的ではないので、自転車にも変身することのできる「へんしんバイク」がおすすめです。へんしんバイクならバランスモードタイプでバランス感覚を養える上に、安全な状態でブレーキの使い方を学ぶことができます。また、バランスモードタイプにペダルを装着することによって、自転車と同じ軽量スポーツバイクモードに変身することができます。ストライダーを自転車の練習用として購入するより、へんしんバイクにした方が一石二鳥です。